自宅を素敵にするガーデニングのアイデア

アイデアで空いた空間を使ったガーデニング
ガーデニングをしてみたいけど、やり方もガーデニングができる空間も無くて諦めてしまった人はいるのではないでしょうか。
ガーデニングというと、一戸建てに広い庭、色んな花や木々を花壇に植えたり、庭に芝生やタイル、レンガを敷き詰めて見た目をよくしたりしますが、これらは広い庭が無いと出来ないと思っていませんか。
確かに、広い庭のある家でガーデニングが出来れば、やり甲斐もあるでしょう。でも、ガーデニングは何も広い庭が必ず必要というわけではありません。
ガーデニングは、広い庭がなくても、開いているスペースがあれば、誰でも楽しむことができます。
日当たりや水はけなどをよく考えて行えば、屋外ではなく、部屋の中でも複数の鉢植えを使ったプチガーデニングを楽しむことが出来ます。
最近は、一人暮らしなど、ワンルームで生活する人向けに、ガーデニングの方法などを紹介するサイトや雑誌も増えているので、ワンルームマンションでガーデニングとは縁の無い生活をしていた人でも、簡単にガーデニングを始めることができる土台ができてきています。
また、空いた空間を使ったガーデニングは、一般的な屋外の庭で行うガーデニングとは必要となる道具が異なることがあります。そのような点に注意をして、アイデアを考え、自宅の空いたスペースを使ったガーデニングに挑戦してみてはいかがでしょうか。
ここでは、ガーデニングをしたことが無い人でも、手軽にガーデニングを始めることができるように、ガーデニングのやり方について紹介していこうと思います。
ガーデニングに必要な物を集めよう
ガーデニングを始めるには、まず道具などの準備をしましょう。道具の準備は、どのような植物、花や木々を植える種類によって、必要になる道具も若干違いはありますが、ほとんど共通する道具では、軍手(園芸グローブ)、スコップ(シャベルともいう)、剪定バサミ、水やり用のジョウロなど、ガーデニングに欠かせない道具です。
では、これらのガーデニングに必要な道具を揃える前に、ガーデニングの計画を立てましょう。
ガーデニングでは、ただ無計画に草木を植えればいいわけではありません。それぞれの草木に適した育成方法と環境があるため、すべて同じ条件で育てるというのは結構難しいのです。
そして、ガーデニングの計画を立てるのに、見栄えを重視したガーデニングにするのか、それとも実用性を重視したガーデニングにするのかでも、必要になる道具は異なります。
見栄えを重視するガーデニングを希望する方は、育てるのに手間がかかりにくく、メンテナンスが簡単な植物をガーデニングで選ぶことをおすすめします。
植物も生物です。お世話を怠ってしまうと、枯れたり根が腐ったり、病気になったりもします。ガーデニングで庭に植え付ける草木をアレもコレもと、自分では管理が出来ない数の植物を植え付けても、駄目にしてしまう可能性が高いです。
そのため、自分で管理ができる植物、または、管理の方法を調べて定期的な世話が無理なくできる植物の数にしましょう。
プチ家庭菜園を始めよう
ガーデニングのひとつの方法で、普通の花や木々を植えるのではなく、家庭菜園として、野菜や果物を育てることも出来ます。
自宅で野菜を育てるというのは、どの家庭でも一度は試したことがあるのではないでしょうか。簡単に家庭菜園が出来る野菜も多く、誰でもチャレンジすることが出来ます。
自宅にある少しのスペースを使って育てる家庭菜園は、育てる野菜の種類も限られますが、定番として、バジルや唐辛子などの調味料として使える物が多くあります。
また、葉物野菜や根菜も、家庭菜園で育てることができるので、一度チェックしてみてはどうでしょうか。
この家庭菜園は、ワンルームマンションのお家でも簡単に出来てしまします。方法としては土を使わない水耕栽培がおすすめです。
マンションの部屋をあまり土などで汚したくなくと思う人もいるはずです。また、ベランダガーデニングをしようとしている人にも、こちらの水耕裁判を使えば、比較的汚れなどが少ないガーデニングを楽しむことが出来ます。
自分で育てた野菜を使って料理を作ることができれば、料理の満足度も高まりますし、食費の手助けにもなります。
そして、家庭菜園では、意外と知られていない、高級な野菜を育てて自分だけ収穫して楽しむことだってできます。例えば、上手くすればアボカドも家庭菜園で育てることができる植物の1つです。
いつも何気なく料理に使った野菜の根や葉を捨てることがある人は、家庭菜園に利用してみてはいかがでしょうか。
関連記事
子供でも出来るガーデニング
ガーデニングに興味ありますか。家族で、子供と楽しみながら、土に触れ、植物を育てることを教えながら自然の大切さも感じて良い体験ですよね。

続きを読む...